シン・大迫半端ないってバナー

トップ > JAGD > Tシャツ > 疾風 第58振武隊 骸骨マーキング Tシャツ
Tシャツ > 疾風 第58振武隊 骸骨マーキング Tシャツ

拡大画像

疾風 第58振武隊 骸骨マーキング Tシャツ

商品コード : JAGD-012
価格 : 4,860円(税込)
ポイント : 486
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
サイズ

SMLXL
選択

△・・・残りわずか

×・・・品切れ

かごに入れる
  • お気に入りリスト

大日本帝国陸軍特別攻撃隊「第58振武隊」の部隊マーク「鍋で煮られる骸骨」をTシャツに

  • 素材 : 綿100%
  • プリント : 前・後 / シルクスクリーンプリント
  • サイズ
    サイズ 着丈 身幅 袖丈
    S 65cm 48cm 20cm
    M 68cm 50cm 20cm
    L 71cm 53cm 21cm
    XL 75cm 58cm 22cm
M_image

太平洋戦争開戦時において、わずか40機の一式戦闘機「隼」しか持ち得なかった大日本帝国陸軍が、名門中島飛行機に基礎設計から初飛行までわずか1年という短期間で作らせた急造の戦闘機ではあったものの、速度・上昇性能・運動性・航続距離・火力に優れ ドッグファイトから迎撃戦まで多様にこなせるその高性能ぶりに、来たるべく米英軍との全面決戦において戦局を一気に打開しうる”大東亜決戦機”として、陸軍の期待を一身に背負い優先量産された

キ84陸軍四式戦闘機「疾風」

戦後、米軍が行ったテストで、アメリカのハイオクタンのガソリンと高性能のプラグを使ったところ、コルセアをぶっちぎり、P-47をも上回る時速649キロを叩き出し、戦中、苦しい状況でありながら短期間でここまでの戦闘機を作り上げた日本の技術力に驚いた米軍が、日本の軍事技術開発の制限と武器輸出の禁止の占領政策を議会に進言させたという伝説があり、海外では世界最強クラスの戦闘機としてその名が知れている。
しかし、疾風が実戦配置された頃、日本の絶対防衛圏は既に崩壊し、 技術力はあっても工業力のなかった当時の日本では満足な状態の疾風を前線に届ける事も叶わず、 いよいよ本土決戦も近づいていたフィリピン・沖縄戦においては、疾風の多くが特攻機として”大東亜決戦機”の役目を果たす事となった。
そんな「疾風」のマーキングを配したTシャツが堂々と登場。
前面には陸軍特別攻撃部隊第五十八振武隊が特攻機と化した疾風に刻んだ世界最強のスカルマークを拝借し、背面には部隊名の「58」と認識帯をプリント。
生地にはポリエステル、綿、レーヨンを混紡した独特の風合を持つ『ガラガラ綿』を使用。